吉田亮人写真集
Brick Yard

吉田亮人写真集「Brick Yard」
2014年12月1日初版発行

発行・著者・写真:
吉田亮人

装丁・レイアウト:
矢萩多聞

印刷:
シナノ書籍印刷

タブロイド判48ページ・中糸綴じ手製本

私家版・200部限定発売

3500円+税

 

Author, Akihito Yoshida.

Designed by Tamon Yahagi

Tabloid Type 48 pages   Hand made stitching

Self Publish edition 200 copies 

Published by Office Akihito Yoshida, all rights reserved.
Published in December 2014.

 

 

NEWS

Brick Yard

Paris Photo- Aperture Foundationフォトブックアワード2015にてノミネートされました。

パリフォトを皮切りに、ニューヨーク、東京など各国で展示されます。

http://www.parisphoto.com/paris/news/photobook-awards-2015-the-shortlist

Brick Yard

Paris Photo- Aperture Foundation Photobook Award2015 Nominate!!!  

http://www.parisphoto.com/paris/news/photobook-awards-2015-the-shortlist

Brick Yard / Akihito Yoshida. 2014

"Brick Yard" Akihito Yoshida. 2014


働くことは、生きることそのもの――。

僕の両親はかれこれ30年以上、小さな中華料理店を営んでいる。
火と格闘しながら中華鍋を振る父、客に明るくふる舞いながら忙しく動き回る母。僕はそんな二人の働く姿を幼い頃から真近で見て育ってきた。
それから数十年経った現在、僕はバングラデシュやインドに赴いては造船所、繊維工場、鉄工所など、あらゆる現場で働く肉体労働者の姿を写真に収めている。

2012年の暮れに撮影したバングラデシュのレンガ工場で働く労働者達もその一つである。
急速な経済発展を遂げつつあるこの国は地方から首都ダッカへの人口流入が増加し、この数年建設ラッシュに涌いている。
そのため建設資材となる「焼成レンガ」を供給するためレンガ工場はフル稼働だ。
ダッカ郊外の“アシュリア”地区にあるレンガ工場では雨季をのぞいた操業期間中、季節労働者達が現場に住み込みながら働いていた。
信じられない事だが、その製造過程において重機などの機械が使用される事はなく、全作業を人海戦術で行っている。
21世紀の日本に暮らす僕達にとってそれは前時代的な光景そのものだ。
しかし己の肉体を酷使しながらレンガを作り上げて行くその姿は根源的な「労働」のかたちそのものであると同時に、
労働の中にある喜びや辛さをより鮮明に浮き上がらせる。
彼らをファインダーを通して見つめれば見つめる程「働くとは何か」という命題が僕の心の中に渦巻くのだ。

「全ては家族のために働くのさ」

レンガの粉まみれの男が静かに言いながらにっこり笑った。
彼の表情は一日の仕事を終えたあとの両親のそれと重なって見えるのだった。
「働くことは生きることそのもの」。
今のところ僕はそう考えている。
(吉田亮人「Brick Yard」あとがきより)

 

My parents have been running a small Chinese restaurant for more than three decades.

I spent most of my childhood watching my father juggling fire and deep Chinese pans and my mother handling demanding customers with grace and joy. 

Few decades after that, I started photographic recordings of manual labor workers in shipyards, textile factories and steel mills in Bangladesh and India.

This project on brickyard, taken in the end of 2012 in Bangladesh, is one of my personal works. 

This nation of rapid economic growth has booming construction rush and faces massive domestic migration from rural areas to the capital Dacca. 

That puts all brickyards on full swing operation in order to meet the high demands of bricks as the fundamental construction material. 

In Ashulia district, suburb of Dacca, seasonal workers in residence operate throughout the year except monsoon season. 

Unbelievably, all the production is done by sheer force of workers without any heavy equipment.

It is a sight coming from almost pre-industrial era to the eyes of 21st century modern day Japan. 

While the scene is as much to show a pure definition of physical labor, it also represents the joy and pain of producing bricks that are the fruits of the labor.

The more I see them through the finder, the more the proposition of “work” reels with question in my mind. 

“It’s all for my family”says a man quietly with smile on his dusted face.

The look resembles the ones I remember from my parents after a long day’s work.

“To work is to live” is a conclusion I have settled myself with for now. 

 

 

一冊一冊、手で綴じた写真集

2011年にバングラデシュ撮った写真を再構成、
吉田亮人写真集「Brick Yard」として一冊の本にまとめました。
タブロイド判大きなページは圧倒的なスケール感で、
ザラザラとした手触りの紙はレンガ工場の土埃を想像させます。
また製本は、日本の有志の方の協力のもと、一冊一冊手作業で糸で綴じました。
とじ糸の色や、縫い方も人それぞれです。同じものはひとつとしてない、
手づくりだからこその味わいをぜひ感じてください。

About this photobook「Brick Yard」

This photobook is an ultimate presentation of a project that focused on the workers of a brickyard in Bangladesh by photographer Akihito Yoshida in 2012.

It’s printed on a large format so that the overwhelming scale of the working environment of the brickyard can be conveyed to the viewers.

The choice of paper, tabloid, is made in order to transform the texture of the bricks that workers touch everyday there.

The binding process of the book was done entirely by hands of more than 30 volunteers one by one in order to represent and honor the manual labor of brick making the workers are committed to. 

It is my hope that viewers slip into the reality of the environment of the brickyard full of noise and smell as they flip page after page.

Furthermore, I strongly wish that this photobook would help viewers extend their thoughts on the ever lasting questions of labor and life.

2014-11-20_12-01-362014-11-20_12-01-412014-11-20_12-01-52

 
 

WEBからの注文

本写真集は完売いたしました。現在次回作(2016年はじめ発売予定)を制作中です。お楽しみに。

sorry. this photobook is out of stock. we will release next photo book on Spring 2016.