全国書店ツアー

写真集「THE ABSENCE OF TWO」ブックサイニング&トークイベント全国ツアー

全国の独立系書店を中心にブックサイニング&トークイベントツアーを行います。
読者にこの写真集を直接手渡し、言葉を交わし、一冊一冊届けたいとの思いから写真集を販売していきます。
またこのツアーの様子を自ら写真と日記に記録し、それを京都の書店・誠光社さんで3月に展示する予定をしております。
以下がツアー日程になります。

 

Title (東京)

2019年2月7日(木)

トークイベント・サイン会

入場料:1000円+1ドリンク500円

定員:25名

ご予約はこちら

 

 

PEOPLEBOOKSTORE (茨木・つくば市)

2019年2月8日(金)

 

 

栞日 (長野・松本市)

2019年2月9日(土)

トークイベント

入場料:1000円+1ドリンクオーダー

ご予約は下記にご連絡下さい。
▼ TEL0263-50-5967
▼ MAIL
info@sioribi.jp

 

 

半月舎(滋賀・彦根市)

2019年2月11日(月)

17:30〜19:00(受付17:00より)

対談トークイベント(吉田×誠光社店主・堀部さん)

入場料:1000円

 

 

blackbird books大阪・豊中市)

2019年2月15日(金)

19:30〜21:00(受付19:00より)

トークイベント(聞き手 blackbird books店主・吉川さん)

入場料:1000円

定員:20名

予約は以下のお電話か、メールにて受付しております。

06-7173-9286 info@blackbirdbooks.jp

 

 

READANDEAT (広島・広島市)

2019年2月16日(土)

15:00〜18:00 ブックサイニング

18 : 3019 : 30 トークイベント(受付18:00より)

入場料: 1000 写真集を購入の方は無料

定員 :30

ご予約はこちら

 

 

汽水空港(鳥取・東伯郡)

2019年2月17日(日)

18:30~19:30(受付18:00より)

トークイベント  

入場料:1000円 

予約不要・当日入場可

 

 

ブックスキューブリック(福岡・福岡市)

2019年2月19日 (火)

19:00スタート(18:00開場)

トークイベント(聞き手 ブックスキューブリック店主・大井さん)

入場料:1800円(1ドリンク付・要予約)
*終演後にサイン会有り
*懇親会有り(参加費1500円・カレーと2ドリンク付・要予約)
*18時~19時 開演前にカフェの食事メニューをご利用いただけます。

ご予約はこちら

 

 

 

誠光社(京都)

2019年3月16日(土)〜3月31日(日)

展示・対談トークイベント

comingsoon

出版記念イベント at カグノミ堂

2019年1月10日(木)に大阪心斎橋のケーキ店「カグノミ堂」で予定していた吉田亮人写真集「THE ABSENCE OF TWO」刊行記念イベントは日程を改め、2019年4月26日に延期致します。
まだ少し先の予定となりますが、イベント内容はそのままでお届け予定です。
ご予約は引き続き受け付けておりますので、是非お越し下さいませ。

「吉田亮人写真集「THE ABSENCE OF TWO」先行発売イベントパーティー」

20191月に吉田亮人写真集「THE ABSENCE OF TWO が刊行されます。

この発売を記念して4月26日(金)18:30から大阪心斎橋にあるフィンガースイーツで有名なケーキ店「カグノミ堂」にて出版記念イベントパーティーを実施致します。

本イベントでは、建築家の伊藤崇氏を迎え、対談トークおよびブックサイニングを行うとともに、新プロジェクトの発表も行います。

もちろん、会場では書店で並ぶよりも早く写真集をご購入いただけます。

尚、カグノミ堂店主の鳥井氏による料理とケーキも出る予定です。

是非お越しくださいませ。

日時:4月26日(木) 18:3021:30

定員:30
先着順・ご予約はreturnproject01@gmail.com宛に件名「イベント予約」と記入の上、お名前、参加人数、お電話番号を記載ください

参加費:3500円(1ドリンク+料理+ケーキ)

会場:カグノミ堂 https://www.kagunomi-dou.jp/

【写真集「THE ABSENCE OF TWO」について】

祖母と従兄弟、二人が生きた時間を写真で紡ぐ。

写真家・吉田亮人は、宮崎県の田舎町に二人で暮らす祖母と従兄弟の日常を撮りつづけてきた。互いを支え合いながら流れてゆく、ささやかながらもかけがえのない時間は、ある日突然、思いもかけない形で結末を迎える。本作はKYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2017のメインプログラムのひとつとして展示され、多くの来場者の心を打った。111冊限定で刊行された私家版写真集を元に、新たに編みなおした待望の一冊。

吉田亮人(よしだ・あきひと)
写真家。1980年宮崎県生まれ。京都市在住。滋賀大学教育学部障害児学科卒業後、タイにて日本語教師として現地の大学に1年間勤務。帰国後、小学校教員として6年間勤務し、退職。2010年よりフリーの写真家として活動開始。インドやバングラデシュの肉体労働者を取材し、2014年に写真集「Brick Yard」を出版。同作はParis Photo – Aperture First Photo Book Awardにノミネートされる。2013年から2015年にかけてバングラデシュの皮革産業労働者に関するプロジェクトに取り組み、2016年に「Tannery」を出版。日経ナショナルジオグラフィックをはじめ、主要雑誌に作品を発表すると共に、写真展も精力的に行う。20178月、自身の祖母と従兄弟に関するストーリー「The Absence of Two」を私家版写真集として出版。日経ナショナルジオグラフィック写真賞ピープル部門最優秀賞(2016)、コニカミノルタ・フォトプレミオ年度大賞(2014)など、受賞多数。http://www.akihito-yoshida.com/

伊藤崇(いとう・たかし)

1980年大阪府生まれ。大阪府在住、一級建築士。滋賀大学教育学部卒業後、千葉大学大学院建築専攻科へ入学。その後、旭化成ホームズへ入社し、住宅・集合住宅などの設計活動を行う。退職後、SHARP、小林製薬へ入社し、新製品のマーケティング活動を行う。2017年より自身の設計&マーケティング事務所 MARL DESIGN STUDIOを設立。finger sweets stand 「kagunomi-dou」の建築デザイン&コンセプト立案、日本茶スタンド「YUGEN」の建築デザイン。店舗デザイン、住宅デザイン多数。その他、企業へのマーケティングコンサルティング活動、近畿大学経営学部特別講義など精力的に活動中。
http://marl-design-studio.com

写真家ハービー山口さんと対談

トークイベント

12月22日(土)19時から代官山のT-SITE 北村写真機店にて写真家のハービー山口さんと対談イベントを開催します。
今回、ハービーさんが写真集「新編 代官山17番地」を刊行されました。
僕も同時期に写真集「THE ABSENCE OF TWO」を刊行するということで、今回二人でそれぞれの写真集にまつわる話や、写真集を解体していこうという試みです。
ハービーさんとは約2年ぶりの対談になります。
是非お越しくださいませ。

イベント詳細
1998年4月、今や伝説的な写真集となったハービー・山口氏の『代官山17番地』の初版が発刊されました。そして20年たった2018年12月、当時未発表の作品を加え、『新編 代官山17番地』として新たな姿で復活します。

片や吉田亮人氏の写真集『The Absence of Two』は111冊限定で写真家自ら手作りする私家版写真集として発表すると瞬く間に完売。そんな吉田氏の写真集もこの12月、私家版写真集を新たに編み直した姿で出版されます。

どこか似通った状況下のお二人・・・
「なぜ改めて写真集という形での発信であったのか」
「なぜ作品を再編したうえでの発表なのか」
など今回の作品への思い、撮影の背景などを交えて語りあっていただきます。

【参加条件】
①代官山 北村写真機店にて、写真集『新編 代官山17番地』(3,888円/税込)、もしくは「the Absence of Two」(4,104円/税込み)をご購入
②参加費1,000円を当日お支払いにてご参加
※イベント日前日までに写真集をご購入の方は当日ご購入時のレシートを必ずお持ちください。

【お申し込み方法】
①お電話:03-5728-3958 代官山 北村写真機店
②メール:3822_Kitamura@mgw.kitamura.co.jp
※ご希望のイベント名、お名前、お電話番号、参加人数をお伝えください。

ご予約いっぱいになり次第締め切らせていただきます。

【プロフィール】
ハービー・山口
1950年東京生まれ。大学卒業後に渡英し、およそ10年間を過ごす。
ロンドンでは一時期ツトム・ヤマシタミュージカル劇団レッド・ブッダで役者をしていたこともある。
一方、折からのパンクムーブメントを実体験し、70年代の生きたロンドンの姿を写真に記録するようになり高い評価を受けた。
帰国後もヨーロッパと日本を往復し、アーティストから市井の人々までをモノクロームの作品に残している。その飾らぬ清楚な作品を好むファンは多く、写真集や写真展の他にエッセイ執筆、ラジオDJなどジャンルを越え人気を得ている。

吉田 亮人
1980年宮崎県生まれ。京都市在住。小学校教員を経て2010年よりフリーの写真家として活動。日経ナショナルジオグラフィック写真賞ピープル部門最優秀賞(2016)など、受賞多数。

 

製本ワークショップ開催


製本ワークショップを開催します。
昨年に刊行した私家版写真集「The Absence of Two」と同じものを製本してもらうワークショップです。
詳細は以下になります。
先着10名で締め切らせて頂きますので、お申し込みはお早めに。

この度RPSでは、吉田亮人写真集「The Absence of Two」の普及版刊行記念展にあわせ、作家である吉田亮人を講師に1日かぎりの製本ワークショップを開催いたします。

本展では吉田自身がオリジナル写真集をベースにどのように青幻舎と普及版制作を進めていったのか、普段目にすることのないテストプリントや試作品、ダミーブック、資料などをもとにご紹介していく内容になっております。昨年のアーティストブック刊行時には会場で制作する様子も含めて展示をご覧いただく形となっていましたが、今回はそのアーティストブックを111部制作した作家ならではの製本方法が学べるワークショップを予定しています。

オリジナル版と同じ仕様の製本を作るワークショップになっており、作家独自の製本が学べる他、今回は本を収めるスリーブケースの表紙、および本文表紙にはオリジナルのアーティストブックと同じ表紙の写真をお使い頂きます。本文は白紙で行いますので、写真や本にまったく縁がないという方にも参加して頂ける内容となっています(下記、写真イメージ参照)。先着順でお席が決定していく受付となりますので、希望される方はお早めにお申し込みください。尚、定員は10人となっております。

◎日時:2018年12月15日(土) 10:00~18:00
(予定、進行次第で延長が予想されます、また終了後には会場で懇親会が予定されています。)
※今回は先着順での参加決定となりますため、必ず申し込み時に確実に参加が出来ることを前提にお申込み下さい。また、申し込みの後、参加費のお振込が確認できた方から確定となります。通常お申込みから1週間程度を目処にご対応をお願いしております。お申し込み後に届くメールをご確認ください。一旦、参加決定された方のキャンセルには一切応じられません。
◎参加費 : 10,800円(消費税込み)、RPS会員8,640円(消費税込み)
※別途製本に使う紙、および板紙、道具類は参加者様のご負担となります。あらかじめご了承ください。
◎定員:10人(先着順でのお申込み受付となります)
◎場所 : Reminders Photography Stronghold  東京都墨田区東向島2-38-5
◎講師 :吉田亮人(本展示作家)
※ご用意頂く道具等の更なる詳しい内容はお申し込みいただいた際にメールにてご連絡いたします。

参加ご希望の方はメールの件名に【12/15開催製本ワークショップ参加希望】と明記して頂き
①お名前(必ずふりがなも添えてください)、②連絡先、携帯電話番号とEメールアドレス
を明記の上、workshop@reminders-project.orgまでお申し込み下さい。

また現在、写真集のご注文を受付しております。オリジナル版の製本を体験しながら、ぜひ新たに再編された普及版ををお手元でご覧いただければと思います。

写真展の情報については随時Facebookにて更新しておりますので、そちらをご覧ください。