Solo Exhibition “The Absence of Two”  吉田亮人 写真集「The Absence of Two」刊行記念写真展

吉田亮人 写真集「The Absence of Two」刊行記念写真展

小学校教師を辞め写真家の道を選んだ1980年生まれの吉田は、写真家を志した頃から、年下の従兄弟と、従兄弟が生まれた時から生活を共にする祖母の関係性を撮り続けていた。80歳を超え、体の弱くなった祖母を献身的に介護していた従兄弟が、ある日突然姿を消す。そして約1年後、落ち葉の積もる山中にて、遺体が発見される。23歳の若さで自ら死を選んだ従兄弟と、彼が発見された翌年に他界した祖母との、どこか不思議な、けれどまばゆい生の日々を追った記録。

本展示とあわせて、この作品をまとめた写真集「The Absence of Two」(111部限定・写真家自らによる手製本オリジナル写真集)を10部のみ予約販売受付致します。店頭のみの受付になります。
また、11月5日(土)には装丁家の矢萩多聞氏とトークイベントを開催します。 是非お越し下さい。

展示日時
11月1日(水)〜15日(水) 10時〜20時(イベント開催日・最終日のみ18時まで)

場所
誠光社

トークイベント
11月5日(日) 18時半開場 19時開始
1500円(ワンドリンクオーダー制)
30名定員
ご予約方法
E-mail:s-contact@seikosha-books.com
(参加ご希望イベント名、お名前、お電話番号をご記載ください)
またはお電話にて承ります。
電話番号 075-708-8340

Akihito Yoshida’s Original handmade Photobook  “The Absence of Two”  publication commemoration Exhibition

Born in 1980, Yoshida Akihito resigned from his occupation as a primary school teacher to pursue a career in photography, and since then has continued to produce works that earnestly confront the intentions and emotions that lie within human beings. In recent years, he has self-published two photobooks on the theme of “what it means to work.” The first is Brick Yard (2014), a documentation of seasonal workers at a brick factory in Bangladesh who perform manual labor without the help of machines. The second, Tannery, captures the harsh working environment inside a tanning plant in Bangladesh. There is always a certain warmth in Yoshida’s gaze as he follows his subjects. He conveys a sense of human dignity that never ceases to prevail even under such harsh working conditions, allowing it to emerge as a radiant ray of light.

Together with this exhibition, only 10 copies of the photobook “The Absence of Two” (limited to 111 copies / photographers’ own hand-bound original photo books) will be accepted for booking. It will only be accepted at stores.
In addition, on November 5 (Saturday), we will hold a talk event with Mr. Yagi Tatami, a binding expert.  Please come.

Exhibition Date
1.November~15.November      10:00~20:00

Venue
Seikosha Book Store

Talk Event
5.November     open 18:30   Start 19:00
1,500 yen (One drink Order)
capacity  30 people

Children without Borders SOLO Exhibition 2017 “Victims- Philippines Street Children”

NGO「国境なき子どもたち」写真展2017「Victims ―フィリピンのストリートチルドレン―」

日時:2017年9月14日(水)~20日(水) 10時~18時
※最終日15時まで  9月17日(日)は休館
会場:アイデムフォトギャラリー「シリウス」 東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」駅下車、徒歩2分
料金:入場無料 ※9月16日(土)ギャラリートークのみ参加費500円
主催:認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)
協賛:株式会社 小学館、株式会社 堀内カラー
協力:G.I.P.Tokyo

ギャラリートーク
司会:アナウンサー 渡辺 真理さん
9月16日(土)14時~15時半 【参加費:500円】

※要申込 (定員80名、申込先着順とさせていただきます)
※参加費500円は、当日受付にてお支払ください

【ギャラリートーク申込方法】
件名を「KnK写真展ギャラリートーク参加希望」として、①お名前 ②参加人数 ③ご所属 ④携帯電話(当日のご連絡先)
をEメールにお書添えの上、9月14日(木)必着でkodomo@knk.or.jpまでお申し込みください。

http://knk.or.jp/ev170914/

17.Aug~6.Sep 2017 SOLO EXHIBITION “鳥葬 SKY BURIAL” at TOKYO

追加TOKYO巡回展決定のお知らせ

GALLERY SUGATA EXHIBITION
“鳥葬 by AKIHITO YOSHIDA ”

日時: :2017.8.17 – 9.6  10:00~21:00

場所:渋谷ヒカリエ5階ShinQs店

ご好評・ご要望につきTOKYO巡回展の開催が決定いたしました。

チベットの広大な草原と青空の下で観た、人間と鳥が繰り広げる世界とチベットに暮らす人々のストーリーを収めた写真、精神を是非この機会にご高覧くださいませ。
皆様のお越しをお待ちしております。

 

SOLO EXHIBITION “SKY BURIAL”

Date: 17.Aug~6.Sep 2017

Venue: Shibuya Hikarie 5F ShinQs shop

19.Aug 2017 19:30~last train Closing Event Solo Exhibition “The Absence of Two”

Closing Event

8月19日午後19:30〜終電まで
吉田亮人写真展『THE ABSENCE OF TWO』クロージングイベント・アーティストトークを開催致します。
オープニングレセプションおよびオープニングでのアーティストトークを逃してしまったという方、また、終了間際に作品や展示について知ったので、話しを聞いてみたいという方、勿論、すでに知ってるよ、聞いたよという方の再訪も大歓迎です。皆様のお越しをお待ちしております。

日時:8月19日午後7時頃から、展示は午後7時までご覧いただけます。
トークは60分から90分程度を予定しております、終了後は気軽に質疑応答や歓談の場としてお過ごしください。終電時まで会場はオープン致します。
会場:REMINDERS PHOTOGRAPHY STRONGHOLD
参加費:500円(RPSメンバーズカードをお持ちの方は無料)
参加申し込み不要(先着順でご着席となります。定員は30名程度ですので、お席がない場合は立席でもご参加いただけます。)
アーティストトーク写真家:吉田亮人
司会進行:STRONGHOLD GALLERYキュレーター・後藤由美
※敬称略
※写真展会期は翌日の8月20日までとなりますので、お気をつけ下さい。
みなさまのご参加をお待ちしております!

SOLO EXHIBITION “The Absence of Two” 5 Aug~ 20 Aug 2017

Solo Exhibition ” The Absence of Two”

 

23歳の青年・大輝と、その祖母との何気ない日常を撮影した写真たち。

その写真は祖母の死をもって、完結するはずだった。しかし、それは何の前触れもなくやってきた。

 

2017年8月5日(土)〜8月20日(日)

13:00〜19:00

会期中無休、入場無料

 

オープニングレセプション及びアーティストトーク

8月5日(土)18:00〜

参加費500円(RPSメンバーズカードをお持ちの方は無料)

 

会場

Reminders Photography Stronghold

 

 

Date

5.Aug ~ 20. Aug  2017

 

Venue

Reminders Photography Stronghold

 

Opening Reception and Talk Event

18:00~     5.Aug 2017    Fee  500yen

 

The town kunitomi is located Miyazaki Prefecture in Kyushu Japan. This small and peaceful rural town with it’s field is where my grandmother,who was born in 1928, and my cousin Daiki, who was born in 1990, lived together.

On behalf of his busy parents, grandmother carefully raised and took care of Daiki from the time he was a child, living with him in the same house, eating and sleeping in the same room together.

One day Daiki mentioned to me.

“Since I grew up showered by grandma’s affection, I think it’s natural that I take care of her until she dies.”

True to his words, Daiki remained by my grandmother’s side ever after becoming a student at a nursing university, continuing to live with her and fully devoting himself to her care.

Until I began photographing them, I had observed their small everyday world as nothing out of the ordinary. The image of Daiki off to university. The image of the two of them relaxing on the floor, chatting about small things. Now, however, every time I look at the images I continued to document of the two thought my lens, as both a family member and a photographer , these seemingly ordinary scenes appear as precious moment.

This story was supposed to come to an end with my grandmother’s death, which would no doubt come in the not-so-distant future. However, it unexpectedly ended in a different way.

“I wonder where he’s gone to? He went out on his motorbike and hasn’t been back since”

At the end of February in 2014, Daiki suddenly went missing. There being nothing she could do, my grandmother just stood in front of the window and kept waiting for Daiki to return home. Almost a year passed without any word of his whereabouts, until one day Daiki’s body was found in the anything behind, and had brought an end to the 23 years of his life. As if following in his footsteps, in the following year my grandmother passed away.

The last thing that remained were countless photographs of the two and their life together, all the time needing each other, supporting each other, and caring for each other. Thought there photographs, which capture images of his small everyday life in this rural town, I try to reach out to them, and to engage in a dialogue with them once again.

SOLO EXHIBITION ” 鳥葬 SKY BURIAL” 12.Jul ~ 6. Aug 2017

 

SOLO EXHIBITION ” SKY BURIAL”

 

We will hold a solo exhibition “SKY BURIAL” at Gallery SUGATA in KYOTO.
We are waiting for everyone’s visit.

Date: 12th July ~ 6th August 2017

31July close

 

Venue: Gallery SUGATA
http://www.su-ga-ta.jp/

 

Access

 https://goo.gl/maps/FciM4UnzxT22

 

Talk Event

 15th July 2017 15:00~
Booking  info@su-ga-ta.jp

 

I was in the middle of the prairie.
Endless hills almost looked like sand dunes, there was a scenery I had never seen before. Was it because of the lack of oxygen or the altitude, the sky was as blue as it could possibly be.
In the deep blue sky, countless vultures flew in circles with their vast wings wide open. It could be over a hundred of them. They made spontaneous descents making sharp noises as they gracefully made circles. Some of them
descended almost to graze my head. I continued my way hoping that they won’t take my head away.
I was in Tibet to witness sky burial. A burial ceremony which let the predatory birds eat a human corpse, it is a way to realize impermanence of life, a common ritual in Tibet.

 

京都のGallery SUGATAにて個展「鳥葬 SKY BURIAL」を開催致します。
2011年、チベット文化圏で撮影した作品です。是非お越し下さいませ。

 

日時

2017年7月12日(水)〜8月6(日)

10:00〜19:00

7月31日(月)のみ休廊

トークイベント

7月15日(土) 15:00〜

無料

要予約 予約はinfo@su-ga-ta.jpまで

 

場所

Gallery  SUGATA

604-0021 京都市蛸薬師町271-1
075-253-0112

Solo Exhibition “On Labor” at EMON PHOTO GALLERY

DSC_5226

Screw Factory(2012)

SOLO EXHIBITION ” On Labor”

東京・広尾のEMON PHOTO GALLERYにて個展「On Labor」を開催致します。
これまで南アジア(バングラデシュ・インド)を中心に「働くとは何か」をテーマに肉体労働者を数多く撮影してきました。
本展では、『Calico Factory Artisans』(2010)、『BrickYard』(2012)、『Screw Factory』(2012)、 『Construction Road』(2012)の4つのシリーズから構成して展示します。
是非お越しくださいませ。

日時

2017年5月26日(金)〜6月27(火)

平日11:00〜19:00 土曜11:00〜18:00

6月5日(月)と日曜、祝日は休廊

オープニングレセプション

5月26日 18:00〜 無料

トークショー

ライターの石井ゆかりさんを招き、吉田亮人とのトークショー開催致します。 5月27日13:00~ 1ドリンク付き・50名限定入場料1000円 ご予約はメールにて受付致します。emon_photogallery@emoninc.com

石井ゆかり

ライター。著書『12星座シリーズ』(WAVE出版)が120万部のベストセ ラ ー と な る 。 他 に 、『 愛 す る 人 に 。 』『 「 美 人 」 の 条 件 』( 以 下 、 幻 冬 舎 ) 、『 後 ろ 歩 き に す すむ旅』(イースト・プレス)、『子どもの自分に会う魔法 大人になってから読む児童文 学 』( 白 泉 社 ) な ど 多 数 。

場所:106-0047 東京都港区南麻布5-11-12 togoBldg., B1F 地図

連絡先 03-5793-5437       emon_photogallery@emoninc.com

Web site  www.emoninc.com

We will hold a solo exhibition “On Labor” at EMON PHOTO GALLERY in Hiroo, Tokyo.
I have taken picture physical laborers in South Asia (Bangladesh / India) on the theme of “What is working”.
This exhibition will be composed of four series, “Calico Factory Artisans” (2010), “BrickYard” (2012), “Screw Factory” (2012), “Construction Road” (2012).
We are waiting for everyone’s visit.

Opening reception

26.May 2017  18:00~  Free

Talk Show  

We invite  Yukari Ishii, a writer, and we will hold a talk show with Akihito Yoshida.

May 27th 13: 00 ~ 1 with drinks · 50 people Limited admission fee 1000 yen

Reservations will be accepted by  E-mail.   emon_photogallery @ emoninc.com

Date: 26.May 2017 ~ 27. May 2017     Close  5 Jun 2017 and Sunday , Public holiday

Venue : Emon Photo Gallery Map

Contact: 03-5793-5437        emon_photogallery@emoninc.com

Web site  www.emoninc.com

 

DSC_0966

Constraction Road (2012)

 

DSC_1177

Brick Yard(2012)

KYOTO GRAPHIE 2017

KYOTO GRAPHIE INTERNATIONAL PHOTOGRAPHY FESTIVAL 2017

Akihito Yoshida  new work  “Falling Leaves”  Exhibition

at KYOTO GRAPHIE INTERNATIONAL PHOTOGRAPHY FESTIVAL 2017.

It is a documentary work that follows the record of photographer Yoshida’s grandmother and cousin.

A talk event is also planned.

It is detailed below.

Date : 15 Apr~14 May 2017   every day open, No fee

Venue: Former Shinpukan Maps

 Walking 1 min from Subway Karasuma Line “Karasumaoike” station Exit 5.

 Talk event 

with  Nobelist “Shinji Ishi”

Date: 22 Apr   15:30~17:00

Venue: Former Shinpukan  Maps

with KYOTO GRAPHIE Directer ” Yusuke Nakanishi”

Date: 13 May  11:00~12:00

Venue: Former Shinpukan Maps

 

KYOTO GRAPHIE 2017にて、新作「Falling Leaves」を展示いたします。

写真家・吉田の祖母と従兄弟の生の記録を追ったドキュメンタリー作品です。

尚、期間中にはトークイベントも予定しております。

以下、詳細です。

日時:2017年4月15日(土)〜5月14日(日)    10:00~20:00       無休:無料

場所:元・新風館 地図

地下鉄東西線または烏丸線「烏丸御池」駅5番出口から徒歩1分

トークイベント

小説家・いしいしんじさんとトークイベント

日時:4月22日(土)15:30〜17:00 無料

場所:元・新風館

KYOTO GRAPHIE代表 仲西祐介さんとトークイベント

日時:5月13日(土)11:00〜12:00 無料

場所:元・新風館

dsc_3458

SOLO EXHIBITION “Tannery” at FCCJ

SOLO EXHIBITION “Tannery” at Foreign Correspondents’ Club of Japan

Date: 3 DEC 2016 ~ 6. JUN 2017

Mon-Fri: 11:00 – 22:30

Sat: 11:00 – 22:00

Sun: 11:00 – 20:00

Public holidays: 11:00 – 20:00

Venue : Foreign Correspondents’ Club of Japan    Access

ABOUT this work “Tannery”

「日本外国特派員協会」にて写真展「Tannery」を開催致します。

バングラデシュの皮なめし業労働者を撮影した作品「Tannery」を展示いたします。
是非ご覧ください。
尚、開催期間中の12月5日(月)19〜20時にオープニングレセプションを行います。

日時:2016年12月3日(土)〜2017年1月6日
月〜金: 11:00 – 22:30
土:11:00 – 22:00
日: 11:00 – 20:00
祝日: 11:00 – 20:00

場所:日本外国特派員協会:メインバー
〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-7-1有楽町電気ビル北館20階

アクセス詳細→https://goo.gl/jZt2Zk

オープニングレセプション
12月5日(月) 19:00〜20:00
招待制