Brick Yard

世界最貧国の一つと言われるバングラデシュ。しかし近年グローバル化の波に乗って、急速な経済発展を遂げつつある。

首都ダッカは地方からの人口流入が増え、ここ数年建設ラッシュに涌いている。

そのため繊維産業と共にバングラデシュの重要な基幹産業となっているレンガ製造業は、建築資材となる「焼成レンガ」を供給するためフル稼働している。バングラデシュ国内には約16000 ものレンガ工場があると言われるが、そこでは主に地方からの季節労働者が雨季をのぞいた操業期間中、現場に住み込みながら働いている。信じられない事だ が、その製造過程において重機などの機械が使用される事はなく、全て人海戦術で行われる。21世紀の日本に暮らす私達にとってそれは前時代的な光景そのも のだ。

そんな彼らが一日で得られる賃金はわずか300円。

赤茶けた大地、凄まじい砂埃、レンガを積み上げる音、黙々と働く労働者達。

経済発展の影にはいつだってこのような人々の姿がある。

私は そんな彼らの姿を写真を通して見つめる事で、「労働」の根源的な意味を問い、考えたいと思う。

Bangladesh has its name on a very short list of the poorest nations in the world.

Yet, as all the developing nations are, it is also in the middle of rapid economic growth due to globalization.

In the capital Dacca, a boom in construction attracts a rush of workers from rural provinces.

Brick industry, one of the two key industries go Bangladesh along with the textile industry, is having its heyday.

There is an estimate that some 16000 brick factories are operational in Bangladesh filled with live-in labors from rural provinces who work around the year except monsoon season.

Unbelievably,all process are done by pouring in one wave of reinforcements after another without heavy machinery or equipment.

They earn an average 300BDT a day,an equivalent to 3EUR, which is nothing but a concept belonging to pre-industrial age for somebody living in 21st century Japan like myself.

Reddish brown soil, massive dust storm, punishing ray of the sun, sound of layering bricks and muted workers are always overcast by the shadow of economic development.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です