2018年12月 青幻舎より写真集「THE ABSENCE OF TWO」出版決定

2017年に限定111部の私家版として出版した「The Absence of Two」が

青幻舎より出版されることになりました。

写真集の制作過程をこちらで公開していきます。

December 2018 Publication of photobook "THE ABSENCE OF TWO" released from Seigensha publisher.

There are "The Absence of Two" published with private limited edition of 111 copies in 2017.

It was decided to be published from Seigensha publisher.

We will release the making process of the photobook here.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新刊「THE ABSENCE OF TWO」に関するイベント情報まとめ

2018年12月2日
誠光社にてブックサイニング

2018年12月8日〜23日
RPSギャラリーにて写真展

2018年12月8日
RPSギャラリーにてトークイベント

2018年12月15日
製本ワークショップ(at RPSギャラリー)

2018年2月7日
書店「Title」にてトークイベント(coming soon)

 

Event information on the new photobook "THE ABSENCE OF TWO" summary

December 2, 2018
Book signing at Seikosha Book store in Kyoto.

December 8 - 23, 2018
SOLO Photo Exhibition at RPS Gallery in Tokyo(English information here)

December 8, 2018
Talk event at RPS Gallery in Tokyo.

December 15,2018
Book Binding Workshop (at RPS Gallery)

February 7, 2018
Talk event at the Title Bookstore(coming soon)

News

NHK

9月28日(木)にNHK京都局の「京いちにち」という番組内にて拙作「The Absence of  Two」を取り上げて頂きます。 10分弱の尺のようです。 番組時間は18:30〜19:00です。 http://www. […]

Canon CM

CanonのEOS 6D MarkⅡのCMに出演しております。 I has appeared in Canon’s EOS 6D Mark II TV Commercial.

Nobel Shincyo

現在発売中の「小説新潮」という雑誌に、エッセイ書いてます。 「拝啓、写真の中のあなたたち」というタイトルで、僕の祖母と従兄弟に宛てて手紙形式で書いた文章です。 写真のストーリーを知らない方でも何となく分かるような文章にな […]

BS ASAHI “Photographers 4”

BS朝日放送の「Photographers 4」という番組で取り上げて頂くことになりました。 放送日は9月22日 (金) 19時〜21時です。 もしよろしければご覧ください。 Photographers4 It will […]

Art Magazine “Art Shincho”

  拙作「The Absence of Two」が2017年8月号の芸術新潮に掲載されました。 My work “The Absence of Two” was published in […]

The catalog of “Foto España” in Madrid, Spain.

現在スペインのマドリードで開かれている国際写真フェスバル「フォトエスパーニャ」のカタログに京都グラフィー国際写真フェスバルで展示した「Falling Leaves」を紹介頂いてるようです。 It seems to int […]

KYOTO GRAPHIE 2017

KYOTO GRAPHIE INTERNATIONAL PHOTOGRAPHY FESTIVAL 2017 Akihito Yoshida  new work  “Falling Leaves” […]

考える人2017春号・最終号

新潮社の季刊誌「考える人」が発売されました。 今号をもって、最終号となる本誌。 創刊から15年間の間に60冊刊行されたようです。 休刊となるのは非常に残念ですが、本誌が世の中に与えた「考える芽」は少なくない人の中で大きく […]