SOLO EXHIBITION “The Absence of Two” in Paris

Exhibition-Yoshida-EN

I had the opportunity to hold a solo exhibition “The Absence of Two” at “Fisheye Gallery” in the 10th arrondissement of Paris, France.
Please come to exhibition!!

Opening :  18:30   9 January

Exhibition :  10 January – 14 March

Venue : Fisheye Gallery

Add : 2 Rue de l’Hôpital Saint-Louis, 75010 Paris,  France

On the occasion of its first exhibition in Europe, the Fisheye Gallery invites you to discover the series The Absence of Two by Japanese artist Akihito Yoshida, an intimate journey with a tragic ending in the daily life of two symbiotic soul mates.
Thirty years after Nobuyoshi Araki’s Sentimental Journey, Akihito Yoshida tells, as a spectator, the complexity of the human soul and the relationships that build its existence.The fusional attachment of the two characters in this story resonates in each other like a mythological episode, in which reactions and behaviors express the most exacerbated feelings, in the proximity of the family circle nestled in a small rural town in southern Japan today.

The exhibition The Absence of Two is also the occasion to present a collector’s edition limited to 3 copies of the eponymous book published in 111 copies and then reissued by Seigensha and Xavier Barral.The collector’s edition in large format is a handmade book by the artist in large format with a new selection of images and a platinum palladium print, signed and numbered.

Several workshops on the making of the book by hand will be given during the exhibition in small groups (100€/person) and animated by the artist at the gallery and hosted by the artist at the gallery on January 11 and March 14, 2020.

 

フランスはパリ10区にある「Fisheye Gallery」にて写真展「The Absence of Two」を開催する機会を頂きました。
展示期間は1月9日〜3月14日までと約2ヶ月間開催されます。
もしタイミングが合えば是非お越し下さい。

オープニング:1月9日(木)18時30分

展示:1月10日〜3月14日

場所Fisheye Gallery

住所: 2 Rue de l’Hôpital Saint-Louis, 75010 Paris,  France

Fisheye ギャラリーでは、ヨーロッパで初めての展覧会を開催する日本人アーティスト・吉田亮人に よるシリーズ「The Absence of Two」展を開催致します。
この作品は作者自身の祖母(88 歳)と従兄弟・大輝(23 歳)の親密な日常生活と悲劇的な結末を描 いた物語です。
荒木経惟の「センチメンタルな旅・冬の旅」から 30 年、吉田は人間の魂の複雑さと「存在」につい て改めて私達に語りかけます。 日本の南部に位置する宮崎県国富町という小さな田舎町に暮らす祖母と従兄弟の 2 人の間に流れる愛 は、神話のエピソードのように互いに共鳴しあっていながら、しかし突然の予期せぬ出来事によって 終わりを迎えます。この作品によって私達の感情は大きく揺さぶられることでしょう。
展覧会では限定 5 部のコレクターズエディションボックスを発表します。
これは、2017 年に限定 111 部の私家版写真集として出版した同名の写真集と、2018 年に青幻舎(日 本)と Editions Xavier Barral(フランス)によって出版された同名写真集を元に、吉田が限定 5 部 の大判写真集「The Absence of Two」を本展の為に制作し、プラチナプリントと共に木製の箱に収 めたものです。
また、会期中の 1 月 11 日(土)と 3 月 14 日(土)にはアーティストが講師となって少人数制(定員5人・100ユーロ)の製本ワークショップも行います。

「写真の話しませんか」Would you like to talk about photography?

【写真の話しませんか】
第17回京都現代写真作家展の開催に合わせて「何必館」京都現代美術館キュレーターの梶川由紀さんと、12月14日に京都文化博物館3階フィルムシアターにて記念対談を行います。
何故僕みたいな者がこの記念対談に出させて頂くのかというと、今から6年前の同展に出品した際、審査員だった「何必館」の梶川さんから作品を選出頂き、審査員賞を頂いたご縁から今回対談の機会を頂きました。
京都は祇園のど真ん中にある「何必館(かひつかん)」は絵画や陶芸や書など近現代の美術品を幅広く収集・展示されている美術館なのですが、アンリ・カルティエブレッソンやロベール・ドアノー、エリオット・アーウィット、サラ・ムーン、アラーキーなど(数え上げるとキリがないのですが)写真の歴史を変えてきたような数多くの写真家と実際に交流し、彼らの作品をコレクションし、展示にも非常に力を注いでいる美術館として知られています。
僕が同展に出品した時に、そこでキュレーターをされている梶川さんが審査員を務め、しかも彼女が選ぶ審査員賞が設けられているということを知って、グランプリよりも何よりも彼女が選出する「審査員賞」が欲しいと思って出品したので、同賞を頂いた時は本当に嬉しかった記憶があります。
そんな梶川さんと今回「写真の話しませんか」と題して写真を撮ることや見せることや見ることなんかについて愉快に話を膨らませていきたいと思います。
今週の土曜の午前中お暇な方は覗きに来てやって下さい。入場無料です。お待ちしています。

 

「写真の話しませんか」
2019年12月14日(土)10:30〜12:00
京都文化博物館3階フィルムシアター
入場無料
定員170名(当日先着順・整理券制)

 

瀬戸内アートブックフェア2019

小豆島から高松に引っ越したデザイナーの平野甲賀さん・公子さんご夫妻のお誘いで、「瀬戸内アートブックフェア」に参加させて頂くことになりました。
それに合わせて装丁家の矢萩多聞さんが運営する版元「Ambooks」から写真絵本「はたらく」を刊行します。
これは様々な職業の人の1日に密着し、写真を僕、文章を多聞さんで作る写真絵本で、このフェアで初お披露目します
(今回なんと2冊を刊行!)
フェア期間中の10月27日には、僕と多聞さんが長年あたためてきたこのシリーズの制作話や、スライドなどを交えてトークイベントも行う予定です。
是非会場でお会いしましょう!!

瀬戸内アートブックフェア

2019年10月25日(金)〜27日(日) 10:00〜20:00(最終日は17:00まで)

玉藻公園披雲閣 香川県高松市玉藻町2-1

入場料300円

トークイベント

矢萩多聞×吉田亮人  『はたらく』 あたらしい写真絵本シリーズをつくる

2019年10月27日(日)15:00〜

リベラシオン

フランスの日刊紙「リベラシオン」にて拙作「THE ABSENCE OF TWO 」(フランス語タイトル「UNE DOUBLE ABSENCE )を紹介頂きました。記事を執筆したのはArnaud Vaulerinさん。ちなみに現在フランスを始め各国でこの写真集が発売中です。
Mr. Arnaud Vaulerin wrote my work “The ABSENCE OF TWO” (French title “UNE DOUBLE ABSENCE”) on French daily newspaper “Liberation”.
A photobook of this work is currently available from the Editions Xavier Barral publisher.

 

Exhibition “Gombe Mane”

今年1月に装丁家の矢萩多聞さんと共に、南インド西海岸の小さな村「ウッピナクドゥル村」を訪れました。
この地に450年前から伝わるというヤクシャガーナ・ゴンベヤータという民藝の人形劇があり、その人形劇団を主催する劇団に会いに行くためです。
想像以上に美しい農村の風景の中で、数名の劇団員が小さな人形に命を吹き込むその姿に感動しながら過ごした彼らと過ごした日々を僕は写真に撮り、多聞さんはスケッチしました。
今回の展覧会は、そんな僕の写真と多聞さんのスケッチで構成する展示となります。
会期中にはトークイベントやワークショップも開催致します。
是非ご高覧ください。

 

【会期】
2019年5月28日(火)〜6月23日(日)
11時〜19時
6月10日(月)のみ休み

【6月8日(土) スライドトークショー】
14:00〜16:30 吉田亮人 × 矢萩多聞 によるトークショーを開催します。
参加費 : 1,500円  ※チャーイとお菓子付

ご予約 お電話またはmailにてご予約・お問い合わせください。
件名:6/8スライドトークショーの予約 ①お名前 ②人数 ③ご連絡先電話番号を記載の上、info@su-ga-ta.jpまでお願い致します。
お電話のでのお申し込みの際は、075-253-0112までお願いします。

 

【6月22日(土) Work shop 】
身の回りの道具をつかって人形をつくって、動かそう
講師:矢萩多聞

一部 13時〜 二部 15時〜
参加費 : 1,500円  ※チャーイとお菓子付
ご予約 お電話またはmailにてご予約・お問い合わせください。
件名:6/22ワークショップの予約
①お名前 ②人数 ③ご希望の部
④ご連絡先電話番号を記載の上、info@su-ga-ta.jpまでお願い致します。
お電話のでのお申し込みの際は、075-253-0112までお願いします。

装丁家・矢萩多聞さんと対談

写真集「The Absence of Two」刊行記念 吉田亮人✕矢萩多聞 トークショー

 丸善京都本店にて5月6日(月)14時より装丁家の矢萩多聞さんと対談致します。

久しぶりの多聞さんとの対談です。

話の内容は、拙著「THE ABSENCE OF TWO」を巡る話となります。

是非お越しください。

以下、詳細になります。

 

写真家の吉田亮人さんは、宮崎県の田舎町に二人で暮らす祖母と従兄弟の日常を撮りつづけてきました。互いを支え合いながら流れてゆく、ささやかながらもかけがえのない時間は、ある日突然、思いもかけない形で結末を迎えます。

この度、写真集「The Absence of Two」刊行記念として、トークイベントを開催致します。ゲストは、装丁家の矢萩多聞さん。過去に吉田さんの写真集を手がけたこともある矢萩多聞さんと、ふたりでざっくばらんに語ります。写真を通して大切な人の不在に向き合うこと、そして写真集を編むこととは? ぜひ足をお運びください。

●日時:2019年5月6日(月)14:00開演(13:30開場)
●会場:地下2階 特設会場にて 先着30名
●参加費無料 要整理券

※丸善京都本店地下2階レジカウンターにて、ご希望のお客様に整理券を配布しております。整理券が無くなり次第、配布終了となります。
※イベント当日はご来場いただいた方からお並びいただきます。
※トークショー終了後にサイン会がございます。
対象書籍 青幻舎 刊『吉田亮人写真集 The Absence of Two』税込4104円

 

吉田亮人(よしだ・あきひと)

1980年宮崎県生まれ。京都市在住。
小学校教員を経て2010年よりフリーの写真家として活動。日経ナショナルジオグラフィック写真賞ピープル部門最優秀賞(2016)など、受賞多数。
本作は「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2017」のメインプログラムのひとつとして展示され、多くの来場者の心を打ち反響を呼んだ。111冊限定で刊行された私家版写真集を元にした、「THE ABSENCE OF TWO」を2019年1月に刊行(青幻舎)

矢萩多聞(やはぎ・たもん)

画家・装丁家。Ambooks代表。1980年横浜生まれ。9歳ではじめてネパールを訪れてから毎年インド・ネパールを旅する。中学1年生で学校を辞め、ペンによる細密画を描きはじめる。1995年から南インドと日本を半年ごとに往復し、銀座、横浜などで個展を開催。2002年、対談本『インド・まるごと多聞典』(春風社)を刊行。この頃から本をデザインする仕事をはじめ、現在までに500冊を超える本を手がける。2012年、事務所兼自宅を京都に移転。2016年、リトルプレスAmbooksを開始。
著書に『インド・まるごと多聞典』(春風社/絶版)、『偶然の装丁家』(晶文社)、『たもんのインドだもん』(ミシマ社)、共著に『タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる』(玄光社)、『本を贈る』(三輪舎)がある。

出版記念イベント at カグノミ堂

「吉田亮人写真集「THE ABSENCE OF TWO」先行発売イベントパーティー」

20191月に吉田亮人写真集「THE ABSENCE OF TWO が刊行されます。

この発売を記念して4月26日(金)18:30から大阪心斎橋にあるフィンガースイーツで有名なケーキ店「カグノミ堂」にて出版記念イベントパーティーを実施致します。

本イベントでは、建築家の伊藤崇氏を迎え、対談トークおよびブックサイニングを行うとともに、新プロジェクトの発表も行います。

もちろん、会場では書店で並ぶよりも早く写真集をご購入いただけます。

尚、カグノミ堂店主の鳥井氏による料理とケーキも出る予定です。

是非お越しくださいませ。

日時:4月26日(木) 18:3021:30

定員:30
先着順・ご予約はreturnproject01@gmail.com宛に件名「イベント予約」と記入の上、お名前、参加人数、お電話番号を記載ください

参加費:3500円(1ドリンク+料理+ケーキ)

会場:カグノミ堂 https://www.kagunomi-dou.jp/

【写真集「THE ABSENCE OF TWO」について】

祖母と従兄弟、二人が生きた時間を写真で紡ぐ。

写真家・吉田亮人は、宮崎県の田舎町に二人で暮らす祖母と従兄弟の日常を撮りつづけてきた。互いを支え合いながら流れてゆく、ささやかながらもかけがえのない時間は、ある日突然、思いもかけない形で結末を迎える。本作はKYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2017のメインプログラムのひとつとして展示され、多くの来場者の心を打った。111冊限定で刊行された私家版写真集を元に、新たに編みなおした待望の一冊。

吉田亮人(よしだ・あきひと)
写真家。1980年宮崎県生まれ。京都市在住。滋賀大学教育学部障害児学科卒業後、タイにて日本語教師として現地の大学に1年間勤務。帰国後、小学校教員として6年間勤務し、退職。2010年よりフリーの写真家として活動開始。インドやバングラデシュの肉体労働者を取材し、2014年に写真集「Brick Yard」を出版。同作はParis Photo – Aperture First Photo Book Awardにノミネートされる。2013年から2015年にかけてバングラデシュの皮革産業労働者に関するプロジェクトに取り組み、2016年に「Tannery」を出版。日経ナショナルジオグラフィックをはじめ、主要雑誌に作品を発表すると共に、写真展も精力的に行う。20178月、自身の祖母と従兄弟に関するストーリー「The Absence of Two」を私家版写真集として出版。日経ナショナルジオグラフィック写真賞ピープル部門最優秀賞(2016)、コニカミノルタ・フォトプレミオ年度大賞(2014)など、受賞多数。http://www.akihito-yoshida.com/

伊藤崇(いとう・たかし)

1980年大阪府生まれ。大阪府在住、一級建築士。滋賀大学教育学部卒業後、千葉大学大学院建築専攻科へ入学。その後、旭化成ホームズへ入社し、住宅・集合住宅などの設計活動を行う。退職後、SHARP、小林製薬へ入社し、新製品のマーケティング活動を行う。2017年より自身の設計&マーケティング事務所 MARL DESIGN STUDIOを設立。finger sweets stand 「kagunomi-dou」の建築デザイン&コンセプト立案、日本茶スタンド「YUGEN」の建築デザイン。店舗デザイン、住宅デザイン多数。その他、企業へのマーケティングコンサルティング活動、近畿大学経営学部特別講義など精力的に活動中。
http://marl-design-studio.com

全国書店ツアー

写真集「THE ABSENCE OF TWO」ブックサイニング&トークイベント全国ツアー

全国の独立系書店を中心にブックサイニング&トークイベントツアーを行います。
読者にこの写真集を直接手渡し、言葉を交わし、一冊一冊届けたいとの思いから写真集を販売していきます。
またこのツアーの様子を自ら写真と日記に記録し、それを京都の書店・誠光社さんで3月に展示する予定をしております。
以下がツアー日程になります。

 

Title (東京)

2019年2月7日(木)

トークイベント・サイン会

入場料:1000円+1ドリンク500円

定員:25名

ご予約はこちら

 

 

PEOPLEBOOKSTORE (茨木・つくば市)

2019年2月8日(金)

 

 

栞日 (長野・松本市)

2019年2月9日(土)

トークイベント

入場料:1000円+1ドリンクオーダー

ご予約は下記にご連絡下さい。
▼ TEL0263-50-5967
▼ MAIL
info@sioribi.jp

 

 

半月舎(滋賀・彦根市)

2019年2月11日(月)

17:30〜19:00(受付17:00より)

対談トークイベント(吉田×誠光社店主・堀部さん)

入場料:1000円

 

 

blackbird books大阪・豊中市)

2019年2月15日(金)

19:30〜21:00(受付19:00より)

トークイベント(聞き手 blackbird books店主・吉川さん)

入場料:1000円

定員:20名

予約は以下のお電話か、メールにて受付しております。

06-7173-9286 info@blackbirdbooks.jp

 

 

READANDEAT (広島・広島市)

2019年2月16日(土)

15:00〜18:00 ブックサイニング

18 : 3019 : 30 トークイベント(受付18:00より)

入場料: 1000 写真集を購入の方は無料

定員 :30

ご予約はこちら

 

 

汽水空港(鳥取・東伯郡)

2019年2月17日(日)

18:30~19:30(受付18:00より)

トークイベント  

入場料:1000円 

予約不要・当日入場可

 

 

ブックスキューブリック(福岡・福岡市)

2019年2月19日 (火)

19:00スタート(18:00開場)

トークイベント(聞き手 ブックスキューブリック店主・大井さん)

入場料:1800円(1ドリンク付・要予約)
*終演後にサイン会有り
*懇親会有り(参加費1500円・カレーと2ドリンク付・要予約)
*18時~19時 開演前にカフェの食事メニューをご利用いただけます。

ご予約はこちら

 

 

 

誠光社(京都)

2019年3月16日(土)〜3月31日(日)

展示・対談トークイベント

comingsoon

写真家ハービー山口さんと対談

トークイベント

12月22日(土)19時から代官山のT-SITE 北村写真機店にて写真家のハービー山口さんと対談イベントを開催します。
今回、ハービーさんが写真集「新編 代官山17番地」を刊行されました。
僕も同時期に写真集「THE ABSENCE OF TWO」を刊行するということで、今回二人でそれぞれの写真集にまつわる話や、写真集を解体していこうという試みです。
ハービーさんとは約2年ぶりの対談になります。
是非お越しくださいませ。

イベント詳細
1998年4月、今や伝説的な写真集となったハービー・山口氏の『代官山17番地』の初版が発刊されました。そして20年たった2018年12月、当時未発表の作品を加え、『新編 代官山17番地』として新たな姿で復活します。

片や吉田亮人氏の写真集『The Absence of Two』は111冊限定で写真家自ら手作りする私家版写真集として発表すると瞬く間に完売。そんな吉田氏の写真集もこの12月、私家版写真集を新たに編み直した姿で出版されます。

どこか似通った状況下のお二人・・・
「なぜ改めて写真集という形での発信であったのか」
「なぜ作品を再編したうえでの発表なのか」
など今回の作品への思い、撮影の背景などを交えて語りあっていただきます。

【参加条件】
①代官山 北村写真機店にて、写真集『新編 代官山17番地』(3,888円/税込)、もしくは「the Absence of Two」(4,104円/税込み)をご購入
②参加費1,000円を当日お支払いにてご参加
※イベント日前日までに写真集をご購入の方は当日ご購入時のレシートを必ずお持ちください。

【お申し込み方法】
①お電話:03-5728-3958 代官山 北村写真機店
②メール:3822_Kitamura@mgw.kitamura.co.jp
※ご希望のイベント名、お名前、お電話番号、参加人数をお伝えください。

ご予約いっぱいになり次第締め切らせていただきます。

【プロフィール】
ハービー・山口
1950年東京生まれ。大学卒業後に渡英し、およそ10年間を過ごす。
ロンドンでは一時期ツトム・ヤマシタミュージカル劇団レッド・ブッダで役者をしていたこともある。
一方、折からのパンクムーブメントを実体験し、70年代の生きたロンドンの姿を写真に記録するようになり高い評価を受けた。
帰国後もヨーロッパと日本を往復し、アーティストから市井の人々までをモノクロームの作品に残している。その飾らぬ清楚な作品を好むファンは多く、写真集や写真展の他にエッセイ執筆、ラジオDJなどジャンルを越え人気を得ている。

吉田 亮人
1980年宮崎県生まれ。京都市在住。小学校教員を経て2010年よりフリーの写真家として活動。日経ナショナルジオグラフィック写真賞ピープル部門最優秀賞(2016)など、受賞多数。

 

Newsweek 表紙および特集撮影

Newsweek12月11日号の表紙および「移民」特集ページの撮影をさせて頂きました。
今国会の最重要法案である出入国管理法改正案(移民法)が審議されているところは皆さんもご存知だと思います。
本法案は先日、審議もそこそこに衆議院を通過し、現在参議院で審議入りしているところですが、この法案の対象者である外国人労働者たちの生の声を聞くべく、今号のNewsweekでは移民特集を組んでいます。
僕は大阪豊中の工場で働くベトナム人労働者を撮影しました。(表紙に写っている彼らです)
ライティングは日本の移民文化・移民事情を伝えるウェブマガジン「ニッポン複雑紀行」編集長を務める望月優大さん。
彼の緻密で丁寧な取材から、外国人労働者たちの実状と、今国会で審議中の移民法がどう影響を及ぼしてくるのか、考えさせられる内容です。
今だからこそ是非読んでほしい特集です。
詳細→ https://www.newsweekjapan.jp/magazine/

CANON PHOTO CIRCLE Magazine

CANON PHOTO CIRCLEというキヤノンの広報月刊誌(12月号)に取り上げていただきました。

「人を撮る力」という特集の中で、長倉洋海さん、HARUKIさん、藤代冥砂さんたちに混じって、

写真作品とインタビューをまとめた記事を2ページ掲載頂きました。

掲載されている写真は長野県松本市の柳沢林業の皆さんと、鹿児島県出水市の漁師の島中さんです。

他の特集も充実していて、最近のカメラ(EOS R)ってほんとすごい描写力なんだなあと勉強になりました。